VIBRANCE

10分間リーディング


出版社: ダイヤモンド社
著者: 鹿田尚樹

著者は「大事なことは全て記録しなさい」で一連のメモ・ノート術のブームをつくった鹿田尚樹さんです。「大事なこと~」は「書く・読む・振り返る」ことの効用について、筆者の使っているツール等を交えながら、わかりやすく解説した本でしたが、改めて「記録」の重要性を再認識することができました。そんな鹿田さんが書いた「速読系」の本なのでこれまた即買いし、あっという間読み終わりました。

私も職種柄、速読風なことを日常的に行う必要があることから、参考に読んでみたのですが、ある意味納得。私が日常から無意識のうちに実践したことが体系的に整理されていたという感じです。

普通に考えれば、10分で本を読み終わるわけがないだろうという感じですが、本書は「10分間で要点を把握する読み方」のポイントが凝縮しており、「本を読む」よりは「本から必要な箇所を探す」といったほうがいいかもしれません。且つどちらかというとビジネス書向き。小説などには向かないと思います。

読む前から、「この本から~を修得しよう」と目的を定め、それもポイントを3つ以内に絞り込む。故に「前書き」や「目次」はじっくりと時間をかけて読むということになります。また、必要とされる情報の「数字」や「固有名詞」などはしっかりとおさえるといったことが後々重要になってくるわけです。

ここからが大事なのですが、その把握した要点について、記録を残すこと。つまち「書く」こと(読書ノートの作り方)や、「読む」こと(振り返りについて)「残す」こと(どのように残しておくか)について、具体的に解説しています。筆者は、アナログ・デジタルどちらにも偏りがなく、どうやったら「自分の知識・知恵」になるかという観点で、より合理的と思われる手法を解説しています。

ただ、筆者が普通にやっていることを同じように実践するには、かなり大変。そうそう簡単に実践はできないと思います。かなりの熟練が必要かと思われます。

最終的にこの本から学べることは、「目的を持って本を読む」「読んだらポイント・キーワードを記録する」「何回も振り返って自分のものにする」という3点に絞られると思います。

仕事上、情報収集が必要だけど、なかなかうまくいかない、時間がとれないと思っている方は必見です。この本自体は10分でなくじっくり読んでみてください。

Copyright©2010 VIBRANCE Co. All Rights Reserved.