VIBRANCE

君たちはどう生きるか


出版社: マガジンハウス
著者: 吉野源三郎
昨年、母校の生徒さんが修学旅行で上京したときに、卒業生の職場訪問に立ち会う機会がありました。自分の進むべき道について質問する生徒さんと、生きていくために備えておくべき力をアドバイスする受入先卒業生の会話を聞きながら、ふと読み返したくなった一冊です。
 
働く上で、生きていく上で、当たり前のことがシンプルに書いてあります。『言うは易く行うは難し』で、当たり前のことをやる、やり続けることはとっても難しい。また人生は『不可逆』だからこそ、何か失敗をしたら、真摯に受け止め、迷惑を掛けた相手には、許してもらえるかはともかく、誠実に対応していくしかない。失敗を糧にして、日々誠実に生きていくことしか、道は開けないと、改めて考えさせられました。
 
『私はどう生きるのか』
生きていくということは、どんな立場や状況にあれ、常にこの問いかけとどう向き合うのか。
この時期だからこそ、真剣に考えなくてはと思いました。
Copyright©2010 VIBRANCE Co. All Rights Reserved.