VIBRANCE

平林都の接遇道


出版社: 大和書房
著者: 平林都
著者は、最近TVCMでも引っ張りだこの伝説のマナー講師です。フジTV「エチカの鏡」で一躍有名になった彼女ですが、いわゆる「接遇」の極意を書き下しています。内容的にはいわゆるビジネスマナーの本ですが、読み終わった後、良い意味での「違った感覚」になります。そこに感じるのは平林さんの接遇に対する「思い入れ(投入感)」です。私も新入社員教育の一環として、マナー研修を担当することがありますが、マナーってじっくり考えながらやると、その億の深さに気づきます。そもそも思い入れというのは、「他人があまりやらないようなことを徹底的にやる」ことだと思いますが、平林さんの「接遇道」はまさにこれにあてはまります。
私自身、改めて目から鱗のような箇所がいくつかありました。例えば
「イスは腰かけているときはあなたのもの。でも立ち上がったら、そこは人の通り道です」
本書には数多くの「接遇道」のポイントが書かれていますが、中でも注目すべきは、ダメな接客を平林さんが徹底的に糾弾している箇所です。行間から感じられる著者の気配り、そして厳しさを、ぜひ読んで体感してみてください。サービス業だけに限らず、全ての仕事に共通する「一としての振る舞い」を改めて考えさせられるはずです。この本、続編も出ているようですが、続編は本書と同じようなことの焼き直しなので、本書だけじっくり読んでもOKかと思いました。
Copyright©2010 VIBRANCE Co. All Rights Reserved.