VIBRANCE

組織開発・制度設計のコンサルティングの概要

【組織開発・制度設計のポリシー】
 ①現状を鑑みた「合理的な方法、手段」を提案します。
 →お客さまの現状や目指す姿は勿論のこと、ご予算や期限などの制約条件も踏まえ、
  お客さまが納得するまで話し合ってから業務を開始します。

 ②現場主義に徹した視点をもって関与します。
 →現場にとって役に立つかどうかを、長期・短期の両視点から十分に吟味して、
  現場が主体的に取り組めるような方向にリードするよう関与します。

 ③意識と行動が定着するまでフォローアップします。
 →関係者の意識と行動が変わるまで、粘り強くフォローアップすることで
  「組織体力」を向上させ、組織の新しい風土を醸成します。

【業務フロー】
 以下のような流れで進めてまいります。但し、ケースバイケースで業務を進めて
 まいりますので、実際には以下の流れと異なる場合もあります。具体的にご相談ください。
business_consulting.jpg

Copyright©2010 VIBRANCE Co. All Rights Reserved.