VIBRANCE

使命感

先日、電力会社の研修センターで、貴重な展示物を見せていただきました。

これまでにあった大型災害のときに、先人がどんな対応をしてきたのか

またそのことによって、地域住民の方にどれだけ貢献できたかという内容のものです。

 

災害時は、電気・ガス・水道の生活インフラが遮断されることが多々あります。

どれも大事ではあるが、電気が停まると、日常生活に支障をきたしますし

なによりも「灯り」がないことは、人々の心に不安な気持ちがくすぶります。

普段の停電でも、電気が開通した瞬間にホッとした気分になることはよくあります。

それくらい、電気が果たす役割は重要ですし、その「不安や不便」を1秒でも早く解消するために

電力会社の方々は、劣悪な工事環境のもと、不眠不休で作業に臨みます。

自然災害なので事前に防ぎようがない、開通して当たり前、やっても賞賛されるわけでもない。

 

それでも、電力会社の方々は、地域住民の方々の安堵のために

1日でも早く安定した生活を取り戻すために、灯りの下での笑顔のために

その使命感だけで、働いていることを、ひしひしと感じることができました。

 

こうした使命感を語り継ぐために、新設された展示スペース。

内部だけでなく、一般公開も積極的にしていただきたいものです。

 

IMG_4427.jpg

 

Copyright©2010 VIBRANCE Co. All Rights Reserved.