VIBRANCE

熊本城

出張で熊本を訪れる機会がありました。

熊本にお住まいの、高校の先輩のご配慮で、熊本城近辺を案内していただきました。

写真のように城壁は無惨にも崩れ落ち、復旧は未着手といっても過言でない状況でした。

元々の熊本城下を知っている私からすると、胸が締め付けられるような思いでした。

 

熊本城エリアは、これまでの経緯から、管轄が国や県に別れています。

そういったことも、復旧がなかなか進まない要因の1つでもあるようです。

重要文化財でもありますので、入念な事業計画も必要だとは思いますが

トップダウンでどんどん進めていかないと、あっという間に歳月は過ぎていくような気がします。

 

聞くところによると、崩れた城壁の修復は、以前に撮影された写真をもとに

一つひとつ組み込んでいくらしいのですが、気の遠くなる作業だと思います。

ましてや崩れ落ちた城壁の石は形が変わっているので、そう簡単にはいかないはずです。

一節には30年、いや50年はかかるといわれております。

間違いなく、ゼロからやったほうが、早くて安く済むはずですが

あえて、時間をかけて、復旧大事業に挑戦していくようです。

それこそが、熊本城への、先人への、熊本城を支援する人々への

リスペクトということになるようです。

 

やはり大事なことは、関わる人の気持ちなんだと思いました。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」の言葉を思い出しました。

 

IMG_4131.jpg

Copyright©2010 VIBRANCE Co. All Rights Reserved.