VIBRANCE

萩本欽一さんから学んだこと

萩本欽一さんが、駆け出しの頃、なかなか芽が出なくて苦労された話は良く聞く。

今日はその萩本さんの心温まるエピソードを紹介したい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<一人でも応援してくれる人がいれば>

東洋劇場に入って3ヶ月目に、恩人の緑川士郎先生に呼ばれてこう言われたんだ。

「あのねぇ、欽ちゃん。3ヶ月経っても、まったくコメディアンの感じがしてこない。このままこの仕事をやってると、えらいことになってしまうかも。だからね、今のうちに、辞めたほうがいいんじゃないかな。はっきり言って欽ちゃんはコメディアンには向いていないと思う」

 

聞きながら、胸をぐさりと刺されるような感じがしたな。でもね、言われている通りなんだよ。舞台に出ても上がってしまってセリフも言えない。踊りはダメ、笑いもできないの、ないないずくしなんだからね。

 

「分かりました。自分でも無理のような気がします。今月いっぱいで辞めることにします」思わずそう、口にしていたな。

先生の前から下がって、二階の誰もいない楽屋に行き、短い間だったけれどお世話になりましたって、誰に言うともなく頭を下げていた。胸の中がからっぽで、息をするのもうまくできない。

 

「どうしたんだよキン坊、何をしょげているんだ?」

ふと気付くと、すぐ側に、池信一師匠が立っていた。

「すいません、辞めることになりました。さっき、演出家の先生に、“コメディアンには向いていないから辞めたほうがいい”って言われて、はい分かりましたって返事しちゃったんです」

「えっ!?3ヶ月しかやらないで、もう結論を出したのか?おまえ自身の気持ちはどうなんだ?やりたいのか、やりたくないのか?」

「できたらもうちょっと… もう少しやってみてから決めたいと思うんですけど…」

「そうか、本当は、おまえ、まだ辞めたくないんだな?」

「…ええ…」

「よし、ここで待ってろよ!」

師匠はそう言って、パーッと何処かに走って行き、5分もしないうちに戻って来て、

「キン坊、続けてろ!」

そう言って、すぐにいなくなっちゃった。なぜ辞めなくてもいいことになったのか、後で緑川先生が教えてくれたな。

 

「おまえの師匠が来て言ったよ。あいつは不器用で気が小さいし、面白くもないし才能もないかもしれない。けれど、いまどきあんなにいい返事をする子はいない。あの返事だけでここにおいてやってくれってな」

「はいーっ!」っていう返事は、高校時代のアルバイト先で身に付いたんだ。

「ラーメン一丁!」「はいーっ」

「出前頼むよー!」「はいーっ」

ってね。なんでも、一生懸命やっておくもんだね。苦労が、どんなところで役に立つかわからない。

 

師匠の話をしてくれた後、緑川先生はこう言ってくれたんだ。

「この世界で大事なのは、うまいへたじゃない。おまえのようなダメな奴を、辞めさせないでといってくれる人がいることが大事なんだ。一人でも応援してくれる人がいれば、やっていける。ずっとやってろ、一生、辞めるんじゃないぞ!」

涙が止まらなかった。心の底から泣けちゃったな。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この話は以前も聞いたことがあったが、きっかけとは大切なことだと思う。かの発明王のエジソンも、幕末の英雄、坂本龍馬も落ちこぼれだったのを、唯一の理解者であった母、姉のおかげで、世の中を変えるまでの人物になった。萩本さんがコメディアンになったきっかけは中学校の先生だったらしい。

どんな人でも、必ず使命があるし、人に負けない「強み」があるはずだ。それを見つけ、認め、全力で応援する。僕はそんな「教育者」でありたいと改めて思った。そして何よりも、高校時代から20年近く好き放題やっては何度も挫折し、どうしようもない自分を、あきらめずに応援してくれた、両親と天国の祖母に心から感謝したいと強く強く思った。

 

RIMG0148.JPG

 

写真は鉄鋼系会社でのプレゼンテーションの一コマ。このくらいの少人数だと、まさに「一人」をじっくり見ることができる。講義が進むにつれて、どんどんプレゼンがうまくなっていくことに手応えを感じた。

UP

Copyright©2010 VIBRANCE Co. All Rights Reserved.